「傷んでるのよね〜。」で、触るな!!ダメ絶対!!

こんにちは。医療系美容師として活動している市川優です。

東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善と頭皮環境改善のみを極めて、拘りまくった髪と頭皮のケア専門の美容室やってます。

ご予約はLINE の方からがスムーズです。

「髪の毛を触ると、内側の髪の毛が傷んでる気がする」

先日、このようなご相談を受けて髪質を診断させて頂いたのですが、確かに内側がザラつくのです。

言ってしまえば【襟足】が傷んでるということになります。

毛先なら傷んでても意味は分かると思うのですが、襟足が傷む?

そう疑問に思う方もいると思うので、そんな疑問を解決したいきたいと思います。

ぱっと見、全然傷んでるように見えません。(本当写真が下手くそで申し訳ない。写真がブレブレ)

髪質を改善すること、本日で3回目の施術。

元々の髪質もあって乾かすだけでまとまる毛質ではありますが、内側の特に襟足が気になるとのこと。

冬場は特に襟足が傷みやすいので要注意

夏場より冬場です。襟足が切れやすかったり傷むのは…

それは髪の毛を下ろすことが多いからです。

あと寒いとニットを着るから

乾燥するので、よけいに摩擦での影響が強い。

手荒れみたいなもんですね。乾燥は肌にも髪にも悪いです。

衣服で擦れる所が襟足なので、ガサガサしやすいんです。襟足は細くて産毛みたいなものが多いので、切れやすかったりするわけ。

寝る前に乾かしてるのに傷む?

「乾かしてるはずなのに傷む?しっかりと乾かしてる??本当に??」

しつこく聞いてしまう性格なので、面倒くさい奴なんですが、襟足(後頭部)付近は半乾きになりやすいので、湿っぽい状態で寝るとかやめましょう。

髪の毛を乾かす時に気をつけて行きたいのが、途中で妥協する事です。しっかり全乾きしてから寝ないと、蒸れるし切れるしで、良い事は無いです。

あと、乾かしてても夏場は寝汗かく人は切れやすいです。結局濡れてるので。

冬場に寝汗はあまりかかないと思いますけど、一応です。

襟足触らない。ダメ絶対!

なんか薬物に手を出すな。みたいなタイトルですが、

「襟足が気になるのよね〜。」

って、くりくり触ってるその行為が枝毛や切れ毛を増やしてるですわよ。あそばせ♪

そう、触るから切れるのです。

襟足がザラつくから気になって触るのですが、触るから毛が切れます。

授業中、クソつまらなくて枝毛を裂いていたあの頃みたいな感じですね。

枝毛を増やすだけ。

対策

触らない、気にしない、しっかり乾かす、

オマケに言えば、アウトバストリートメントをオイル系とミルク系を併用してしっかりと付ける。

これを意識するだけで、襟足付近の毛は伸びますし、キレることなる綺麗になります。

乾燥してきて、襟足付近が傷んだー!!って、感じてる方は、気になって触っていませんか?

乾燥時の摩擦は、髪の毛の枝毛や切れ毛を増やしますので、一旦触ることをやめてこの時期だけでもアウトバスを普段よりも多めに付けて、しっかりと優しく髪をとかして乾かして寝ましょう。

きっとそれが当たり前になる頃には、綺麗な襟足の完成です。