アホ毛になる原因と対処方

こんにちは。医療系美容師として活動している市川優です。

東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善と頭皮環境改善のみを極めて、拘りまくった髪と頭皮のケア専門の美容室やってます。

ご予約はLINE の方からがスムーズです。

真っ直ぐになるとカットラインが凄くわかりやすいですねー

アホ毛が目立つ

表面によく出てくるアホ毛 

表面が整えば整うだけ気になりますよね?

これ、なんで出るか知ってます?

アホ毛出てくる原因とは…

  1.  髪の毛が濡れている時間が長い
  2.  眼精疲労が凄い
  3.  くせで枝毛や切れ毛を引っ張ってしまう
  4.  ロングにしている

これらが該当する人はアホ毛が多いです。

まず、【髪の毛が濡れている時間が長い】

の理由ですが、

お風呂あがりに、すぐに乾かさないで放置している時間が長いと、

髪の毛のキューティクルが開いてしまい、剥がれやすい状態になってしまいます。

タオルで包んでしばらく放置してから乾かす。

なんて人ほど、

表面がタオルと擦れてしまい、キューティクルが剥がれやすいし、蒸れやすいので、アホ毛が増えやすいです。

お風呂あがりは、なるべく早く髪を乾かすことを意識するだけでも、かなり髪にとっては良いことしかないです。

【眼精疲労が凄い】

仕事などでパソコンを使ってる人ほど多いのですが、眼精疲労や肩こりをしてる人ほどアホ毛が多いです。

頭皮は、目の延長線上に毛細血管がズラズラありますし、

頭蓋骨は複数のパネルが組み合わさってなっているので、

頭皮が眼精疲労などで凝り固まったりします。

すると、頭皮が歪んできて、毛細血管から栄養が髪の毛に十分に行き渡らなくなり、髪の成長が止まりアホ毛が増えてしまいます。

めぐリズムなど、目を休めたり、ヘッドスパなどで頭皮を動かして、凝りをほぐす事で緩和されます。

【癖で枝毛や切れ毛を引っ張ってしまう】

なんとなく、無意識に髪の毛を触ってしまったり、枝毛などを気にして裂いたりしてしまう人ほどアホ毛が多いです。

単純に切れてしまい短い毛が増えます。

髪の毛をストレスなどで抜いてしまう、チック症の人などに多いですが、

髪の毛は一生のうちに生えてくる回数がある程度決まってます。

しかも、正常な状態で7〜8年ほどで抜けて、新たに生えてくるのですが、

抜いてばかりいると、髪の毛が成長をやめてしまい、本来は7〜8年ほど伸び続けていく髪の毛が、1〜2年で生え変わるようになってしまうので、必然的に短い毛が増えます。

しかも、勝手に髪の毛の生えてくる回数を早めてしまうので、そのうちてっぺんばかりが薄くなってしまいます。

ストレス性などが原因なので、なるべくためないようにし、意識して髪の毛を引っこ抜かないようにしていくしかないです。

【ロングにしている】

単純にロングにしていると、髪の毛は7〜8年で生え変わるので、髪の毛が生えてくる時、短いので、表面だと目立つのです。

すぐに始められので、ちょっとした意識でかなり変わるはず

なんでもそうなんですが、意識するだけで抑えらることなんですが、継続するのが難しいのです。

特に髪の毛はある程度伸ばそうと思ったら、表目が収まる長さになるまで気を付けなくてはいけないので、

あほ毛を収まりよくしよう!!

と、思ったらだいたい半年から1年だと考えて下さい。

美髪は1日にしてならず!!

です。