傷ませない髪が綺麗だという勘違いについて。傷んでても綺麗なら良いじゃん!!

こんにちは。毛髪理論が得意な美容師として活動している市川優です。

日本橋小伝馬町でaltemaという、髪質改善トリートメント&リラクゼーションヘッドスパ・質感縮毛矯正に特化した美容室をやる予定です。(3月中旬予定)

ご予約やご質問などLINE@からお受けしております。

友だち追加

女性なら誰しもが願うであろう。『髪の毛が綺麗だったら。』

でもカラーやパーマの繰り返しで、髪の毛が傷んでしまってるので綺麗にならない…。

そんな風に思っていませんか?

しかしこの、「髪が傷んでしまってるから綺麗じゃない。」がそもそも勘違いだとしたらどうでしょうか?

えー!?どういうこと??

突然何言ってんだこのアホたれっ!!って、思うことでしょう。

しかし事実なんです。

こんな経験はありませんか?

小学生ぐらいの時に、クラスで髪の毛がパサパサな子。明らかに見た目が傷んでるように見える髪の毛。

でも、カラーやパーマなどは一切していなく、髪の毛に対してダメージになるようなことは何一つしていないのに、なんだか傷んでるように見える…。

髪の毛は傷んでないと綺麗に見えるわけではない。という事実を今回は書いて行きたいと思います。

髪の毛は見た目が良ければ傷んでないように見えるという事実。

結論から言ってしまうと、髪の毛は傷んでいようが傷んで無かろうが、見た目が全てです。

見た目さえ良ければ、結局のところ傷んでないように見えるのです。

その見た目を左右するのが、髪の毛の1番外側に来るキューティクルです。

この1番外側のキューティクルさえ整ってしまえば髪の毛は綺麗に見えるのです。

キューティクルとは、髪の毛の1番外側で指通りを左右したり、光沢感を与えたり、髪の毛が綺麗に見える要素の9割はこいつ次第でどうにでもなってしまいます(笑)

カラーを何回も繰り返してるのに、髪の毛が艶々で綺麗に見えるって人、周りにいませんか?

めちゃくちゃアホみたいにブリーチしてるのに髪の毛がなんだか綺麗…(よっぽどじゃないと居ないかもしれませんが)

その方は髪の毛が傷んでるのではなく、キューティクルが整ってることにより髪の毛が綺麗に見えるということです。

逆に、特に髪に対してダメージになるような事はしていないのに、なんだか見た目が傷んでるように見える人は、このキューティクルを整えてないからなんです。

髪の毛が傷んでるように見える人の特徴

髪の毛が何しても傷んでるように見えるのは、

「キューティクルが整ってないから!!」

ということですが、キューティクルが整ってないとは?一体どういう状態で起こるのか?

実はこれには特徴があります。

  • 癖毛である
  • 髪の毛を乾かさないロハスな人
  • エアコンがやたらとあたる位置に自分の席がある人
  • 外仕事
  • 海に潜りたがる人
  • トリートメントとか定期的にやるのが面倒くさい人
  • スタイリング剤とか嫌いなロハスな人
  • オーガニックオーガニックって何でも有機栽培な人

癖毛であると、度合いにもよりますが基本的には髪の毛がパサついて見えます。

ウネウネするより真っ直ぐの方が髪が綺麗に見えます。

ラーメンより蕎麦の方が麺が綺麗に見えますよね?

乾かさないとかもう論外ですね。傷んでないように見えるとかの以前の問題です。

理屈としては、濡れてる髪の毛はキューティクルが開くので、乾かさないで自然乾燥だとパサパサのまま乾いて行くので、結果傷むし見た目最悪になります。

エアコンがやたらと当たるは、言ってしまえばずぅーと髪の毛にストレス与えてる感じです。(暖房ね)

ドライヤーずぅーと弱風で当ててるのとあんまり変わらないです。

そこまで傷むわけではないですが、同じ箇所に当て続けると髪の毛が崩れますよね?乾燥してきてパサつくので、やはりキューティクルが整わなくなります。

外仕事は外気に触れるので、暑い季節、寒い季節と基本の変化によってお肌も状態が変わりますよね?

夏場は紫外線の影響を受けやすく、冬場は寒くて乾燥しやすい。

室内に比べて明らかに外気による髪の毛の影響を受けやすく、やはりパサつくので傷んでるように見えやすいです。

海に潜りたがるとは、別に潜っても良いんですけど(笑)髪の毛濡れてるのにすぐに乾かせないことが原因です。

しかも海水なんでパサつきやすいし、夏場だと紫外線影響でダブルパンチです。

・トリートメントは継続してこそなんで、定期的にやりましょう。

定期的にやることで維持して行きやすいなります。また繰り返すことで持ちも変わります。

トリートメントで髪の毛が回復はしませんが、やっている期間は表面のキューティクルが保護されてるので見た目は整います。

スタイリング剤をつけるとやはり綺麗に見えます。

コーティングされるので見た目が整います。



・オーガニックって有機栽培のことって知ってました??

コレを好んでなんでもオーガニック使ってるとか、髪の毛にあんまり関係ないですからね。

髪の毛が綺麗に見える人は頑張ってる

髪の毛が綺麗に見える人は、髪の毛に時間もお金も投資しています。

髪の毛に無頓着な人は、髪の毛が傷んでないだけです。

髪の毛を綺麗に見せるのは、キューティクルを整えることで綺麗に見せる事が出来ますが、キューティクルを整える事は時間とお金がかかります。

綺麗に見せるためにはキューティクルを整えるわけですが、それには

定期的にトリートメントをし、日々のケアを頑張り、スタイリング材をつけ、アイロンやコテで髪の毛を整えてるということです。

何もやらないで綺麗に見えるというのは、元々の髪質が良くない限りなりません。

傷んでしまった髪の毛は元に戻ることはないですが、日々のケアや手入れによって綺麗に見えるのです。

結局のところ、キューティクルは髪の毛の外側なんで、視覚に訴えかけるように、綺麗に見えてれば髪の毛は傷んでないように見えます。

また、手触りもキューティクルが整うことで向上するので、それもまた傷んでないように感じます。

まとめ

いかがでしょうか?

髪の毛はダメージがない状態でも、キューティクルが整ってないと綺麗に見えないと言うことです。

逆に傷んでいてもキューティクルさえ整ってしまえば綺麗に見え、傷んでないように見えます。

ただそれには時間とお金がかかるという事でした。

そんな、

『髪の毛を綺麗に見せる!!』

『艶々のモテ髪になりたい!!』

など、愛される艶髪を手に入れたい方、ぜひご来店お待ちしております。

最後はお店の宣伝でした(笑)

髪質改善&リラクゼーションヘッドスパ・質感縮毛矯正のお店altema

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。