ブリーチは安易にやるな【ブリーチ毛を髪質改善した施術例】

こんにちは。医療系美容師として活動している市川優です。

東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善と頭皮環境改善のみを極めて、拘りまくった髪と頭皮のケア専門の美容室やってます。

ご予約はLINE の方からがスムーズです。

「髪の毛の色を白くしたくて…」

そんな感じてブリーチ2回やったそうで、その後も何回かカラーや、ホームカラーやらハイライトなどなどのオンパレードだったそうで…(死ぬ気か)

髪の毛が逝ってしまわれたと。

白くしたい!!なんて言うと、

「その内ほっといても白髪になるわよ。」って言われそうですけどね。

確かにブリーチするとその後のカラーは発色よくなり、ブリーチしないと出せない色もありますが、白くするとなると脱色で素の髪の毛の色を抜かないとならないですし、

髪質によりできない事もあります。

やられた髪質は、ブリーチ2回だと白く染めるには厳しそうな髪質でして、案の定オレンジまでしか抜けなかったそうで、

その後のホームカラーなどで相当傷んでしまい、なんとかしてくれ〜!!っと、当店にご来店されました。

ブリーチって色味を綺麗にするには良いんですけど、その後のケアが大変になるんですよね。

なので、うちではブリーチはやってません(笑)

どう頑張っても傷むし。

ブリーチ2回後のホームカラーで虐てしまい、無茶をしてしまったダメージ

今回、そんな髪の毛を約3ヶ月かけて綺麗に見えるように治した施術例を行きたいと思います。

ブリーチは、色を明るくするのではなく髪の毛の中身をぶっこ抜く行為なので、髪の毛はスカスカなストローみたいになります。

こういったことから、その後のカラーリングは染料が思いっきり入るので発色よくなりますが、すぐ色抜けしてしまうのです。

3ヶ月前

逝って終われた時の髪質です。

ご本人曰く、モロコシみたいになってしまったのですが治りますか?

って事なんですが、確かにモロコシヘアーになってますが、これは主に過度なカラーによる乾燥から来ています。

ついでに言うと、カラーリングはアルカリ剤を使うので、髪の毛の表面のキューティクルを広く必要があるのですが、

開きまくってしまい、枝毛になりバシバシに見えてしまってます。

毛先の方がダメージが強く、髪の毛の履歴としても古いので、毛先にかけて広がってしまい、髪の毛自体も細いので、こうなってしまうとスタイリングでどうこうなるものでもなくなります。

髪質診断

素材DATA

  • 髪質 細い 柔らかい
  • 癖度合い 無し
  • 硬さ 柔らかい
  • 量 普通(やや少ない)
  • 頭皮 柔らかい
  • 履歴 ブリーチ2回 ホームカラー、ハイライトあり

ここから3ヶ月かけてなんですが、きちんと来店周期を言われた通りに来て頂き、1ヶ月毎に1回のケア。

また、ご自宅でのホームケア(これが一番大事)

ホームケアって面倒いんですが、美容室でどんなに頑張ってケアしても、1ヶ月に1回美容室だと年間で12回しかケアできないですよね?

1年って365日あるわけですから、圧倒的にホームケア頑張れ!!って話なんですよ。どう考えてもケアも数こなさいと意味ないですからね。

筋トレと一緒です。

毎日コツコツやる人と、たまにしかやらないでは結果は圧倒的に違います。

ダメージが酷ければ酷いほど追い込む必要があるわけです。

とはいえ、1ヶ月に1回のペースで今回で当サロンのケアは3回目。

ホームケアも毎日頭洗って、トリートメントして、アウトバストリートメントつけて乾かして寝る。それを徹底してもらいました(その程度です)

after

3回目の髪質改善後

何と言う事でしょう。匠の技が光ります(笑)

ここまで綺麗になります。

毛先のバシバシ感は完全に無くなります。

強いて言えば、中間部のブリーチを開始したであろう箇所は他の髪の毛に明るさに比べると明るくなってます。

きっとここは2回目のブリーチの時に、時間を起きすぎてしまい、全体にブリーチを塗布するよりも先に抜けてしまわれたのだと思われます。

今後もケアを続けていけば、より髪質は改善していき、色むらも気にならなくなり、髪の毛の空洞が埋まるので色持ちも良くなります。

別アングルからもどうぞ。

ちなみに3ヶ月前の写真もどうぞ(笑)

ブリーチして髪質がとても傷んでしまった方。

是非参考にしてみてください。