美容室を開業で1番楽しい内装決め。実際にショールームに行けば失敗しない。

こんにちは。ケア系美容師として活動している市川優です。

日本橋小伝馬町でaltemaという、髪質改善トリートメント&リラクゼーションヘッドスパ・質感縮毛矯正に特化した美容室をやる予定です。(3月中旬予定)

ご予約やご質問などLINE@からお受けしております。

友だち追加

さて、最近ずぅーとお店の内装とかどうしようかな?って、考えてるのですが、こうやって内装考えてる時が1番楽しいですね。

新築の家買う時みたいな感じですね(買ったことないけど)

内装を決める上で、セット面の椅子やらシャンプー台やらどういう物にしようか、と実際に物を見にショールームに行ってきました。

僕はネットでじっくりと見てから、ある程度欲しい物を決めて、実際にその物を見に行くという面倒くさいタイプです。

インテリアを決めるなら実際に見てからの方が失敗しない

IKEAやニトリもそうなんですが、(ニトリはちょっと違うかも)展示してある時って、ある程度インテリアされているので、見に行けば想像しやすいんです。

僕の中で、インテリアを決める時にここだけを見ておけば失敗しない物があります。

  • サイズ
  • 使用してみて

です。

キッチンの内装

サイズ

これは言わずもがですが、

寸法測ってみて、実際に物を運べるのか?

サイズ合わなければ、どんなにいい物でも置けませんからね。

カタログ見れば書いてありますけども、実物みた方が分かることもあります。

現に、僕の美容室までは階段を上がっていくのですが幅が狭いので、

シャンプー台とか運べるのか??

って、不安になってサイズ測ってみましたが、階段の幅とピッタシ過ぎて、行けるのか?どうかがいまいち分からなかっのですが、シャンプー見てみたら、一部幅が狭い所があったので運べるの分かりましたから。

グラデーション

写真で見るより、実物見ると色のイメージが違っていた!!

なんて経験ないですか?

インテリアのカラーコディネートはファッションと同じぐらい大事です。

色には特性があるのですが、物凄く細かくなってしまうので、3つだけ覚えて置いて下さい。

同系色でまとめてしまう。

ブラウンのソファ×ベージュのクッションなど、色味が同じものの組み合せなど、他の色味が加わっていない組み合わせのため、まとまり感があるので、よく分からなかったらこれにしとけば間違えないです。(笑)

統一感なら類似色

暖色同士、寒色同士など、色相環の隣の隣までの色の組み合わせです。
暖色同士、寒色同士など、同じカラーグループの組み合わせなので色同士がぶつかりあうことがなく、自然にまとまります。

色の種類

コントラストや個性的にいくなら反対色

あえてはずして反対色で攻めてみるのも、ありです。

非日常を味わえる空間を演出するなら個性的な空間もいいと思います。(やらないけど)

使用してみて

タカラベルモント のショールーム

写真が代々木にある美容会館という建物に入ってるタカラベルモントのショールームです。IKEAみたいになってます。

実際に座ってみたり、動かして見たりしたのですが、色んな椅子を座ると座り心地というのが分かりますので、見た目よりも重視しなくてはいけない部分だと個人的に思います。

長時間座ることが想定されるので、疲れない方が良いですし、リラックスして欲しいので、やはりそこは譲れない部分ですからね。

まとめ

ぶっちゃけ、内装で美容室選ぶ人は居ないと思うのですが、内装や居心地で次も来ようかな?って、なりますよね?

居心地悪いと他が良くても気になりますからね。

長時間いても居心地が良い!!

そんな空間を提供出来る様に、内装にも拘って行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。