白髪について

こんにちは。アンチエイジング系美容師として活動している市川優です。

東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善と頭皮環境改善のみを極めて、拘りまくった髪と頭皮のケア専門の美容室やってます。詳しくはホームページをご覧下さい。


老化現象の1つに白髪があります!!

今回は、多くの方がいずれは考えなくてはならなくなる白髪!!

この私も白髪が多くなり始めてきてます。

これから長く共にするためには、やはり知っとかなくていけないかな?

と。

よく考えてみたら、白髪君のこと何も知らないのでは?

なんて思って。

邪険に扱うより、もっと歩み寄るべきかな??なんて、思って。

そんな白髪のメカニズムに少し触れていきたいと思いますw

何故白髪になるのか?

何らかの原因で髪の毛のメラノサイトという部分でメラニン色素というものが無くなると白髪になります。

何故色素がなくなるのか!?

色素細胞の機能低下やその数の減少、消失などさまざまです。

白髪は色素細胞そのものの代謝過程に何らかの変化が起こってると言われてます。

いつから白髪になるのか?

日本人の平均的な白髪の発症年齢は、

男性が30歳前半

女性が30代後半

頭髪の半分が白くなるのは55歳頃で、女性の方がやや早いと言われてます。

個人差も大きく遺伝的な素因もあり、精神的なストレスも関係あります。

栄養状態も無視できないと言われてます。

インドでは、海岸地方より内陸地方に白髪が多いと言われてます。

これは、海岸地方の人が銅イオンを多く含んだ甲殻類のエビやカニを食べてるからではないかと言われてます。

どういう毛が白髪になるのか?

白髪は、太く長い毛が早く起こりやすく、まず頭髪に始まり、眉毛、あごひげ、腋毛、陰毛は遅れます。(ちなみに私は鼻毛にもありますw)

頭髪は側頭部に目立ち始め次第に拡散します。

若白髪

加齢による白髪と違い、10代後半から20歳代に白髪になる人がいます。

家族性に起こることが多く先天性疾患の1症状として起こることもあります。

限局性の白髪

ある部分にかたまって白髪に状態です。

脱色素性母斑(あざの一種)、自己免疫疾患や、薬剤性になったりもします。

円形脱毛などで、高齢で白髪まじりの人は白髪だけ残ったりします!!

これはメラニン色素がないので自己免疫反応が起こらないためと言われてます。

症状が治る時に色素細胞がまだ機能していないと先に白髪が生えてきて、徐々に黒い毛に変わってきたりします。

今のところ、白髪になった毛は戻らないので染めよう!!

新しく生えてくる毛は黒くなるかも知れませんが、白髪になってるものはずぅーと白髪で、黒くはならないので気になる人は染めましょう!!

今は白髪染めも明るく染められたりもします。

一度暗く染めた白髪染めでも、長いスパンをかけて明るくもできたりします。一度なかなか難しいものでもロングスパンで考えてなるべく髪の毛に負担をかけずに白髪染めにも対応しております!!